坂本龍馬の背中を追う

坂本龍馬

坂本龍馬は生きている間よりも、亡くなってから小説などの主人公として描かれ、多くの人に知られた人物です。日本の武士の子供として生まれ、政治を変えようと奔走して力を尽くし、貿易会社・亀山社中を作った坂本龍馬とは、一体どんな人物だったのでしょうか。

坂本龍馬の生涯

坂本龍馬の写真に写されているブーツや刀、懐に隠し持っていたと言われているピストルなどの愛用していた物は、どんな経緯で手に入れた物なのでしょうか。愛用していた物からどんな人であったのか想像して、33年間をどんな風に過ごして生きていたのかを見てみましょう。

龍馬を取り巻く人物

坂本龍馬の周りには、どんな人がいたのでしょうか。身内や妻のおりょう、関わりを持った人だけではなく、彼の人生に影響を与えた人物など、多くの人との関わりを紹介していきましょう。

出来事

坂本龍馬の人生の中で起きたいくつかの大きな事件について、事件の発端とその後の結果を見てみましょう。有名な池田屋事件が起きた事によって、どのような影響があったのか、寺田屋事件の際に無事でいられた理由や、海援隊の船・いろは丸が沈没した事件での対応などについて紹介しています。

歴史に名を刻む時

坂本龍馬は、日本の政治を変えようと奔走している合間に、姉・乙女へ自分が今何をしていて、これからどうしなければならないのかという考えを、たびたび手紙に書いて送っている他、和歌や性格がわかるような話などが残されています。その中のいくつかを紹介していますので、その時何を思っていたのかを考えてみましょう。 また、33年の生涯を閉じることになった近江屋事件を詳しく紹介していきましょう。一体どのような最期を遂げたのでしょうか。

ゆかりの地

生まれ育った高知の他に、妻・おりょうとの新婚旅行で訪れた霧島や、竜馬の作った貿易の会社・亀山社中があった長崎などは、現在どのようになっているのでしょうか。龍馬に関する資料などのある施設を含め、いくつかを紹介いたします。 また、現在の坂本龍馬人気によって、記念硬貨や記念切手、焼物などに彼をデザインしたものが数多くあります。それらの一部を紹介していきましょう。


ページの先頭へ

[ 関連サイト ]