池田屋事件 - 【坂本龍馬の背中を追う】

池田屋事件

池田屋事件は、京都の旅館・池田屋で元治元年6月5日(1864年7月8日)に起きた、京都の治安維持組織である新撰組による、長州藩や土佐藩などの尊皇攘夷派を襲撃した事件の事を言います。他に、池田屋騒動・池田屋事変・三条小橋の変とも呼ばれています。 坂本龍馬はこの事件に関わってはいませんでしたが、池田屋事件によって中止となった計画もありました。

スポンサードリンク

池田屋事件の流れ

池田屋事件は、尊皇攘夷の浪士が隠れて活動をしていた所、炭薪商を経営する枡屋・古高俊太郎が、新撰組に捕えられます。古高の家からは、武器や長州藩などとの書簡も見つかり、拷問により尊皇攘夷派の計画を自白させられます。 新撰組の探索で、古高が捕まったことにより、計画を中止するかどうかについての会合が、行われることが分かり、探索中の新撰組に池田屋で襲撃を受けます。 池田屋事件によって、新撰組の名前は有名となり、尊皇派は北添佶摩などの実力のある人を失う事となりました。

尊皇攘夷の計画

尊皇攘夷の計画は、火災による騒動の中で3つのことを実行するために、7月にある祇園祭の前の風の強い日に、天皇が住んでいる京都御所へ火をつけて、中川宮朝彦親王の幽閉、将軍・一橋慶喜と会津藩藩主・松平容保の暗殺、長州へ孝明天皇を連れ去ることを目的としたものでした。

6月5日

近藤勇

6月5日の亥の刻(現在の22時頃)に、新撰組局長・近藤勇の判断によって、二手に分かれての捜索を行い、会合中の尊皇攘夷の過激派が池田屋で見つかります。発見された尊皇攘夷と新撰組は池田屋での戦闘の結果、互いに多くの死傷者を出し、逃走した尊皇攘夷の浪士も翌朝には、会津藩や桑名藩によって20名近くが捕えられました。 海軍操練所の塾生であり、土佐藩脱藩・望月亀弥太は脱出しようと斬り込み、負傷しながらも逃げて長州藩邸の近くまで来ますが、新撰組隊士に追い付かれ自害しました。

龍馬にとって

坂本龍馬は池田屋事件によって、土佐勤皇党の石川潤次郎や、海軍操練所の塾生・望月亀弥太など同志を亡くしました。更には、池田屋事件により坂本龍馬が考えていた、幕府によって活動が抑圧されている尊皇攘夷の過激派を、京から蝦夷へ移住させる計画が中止となりました。その後、池田屋事件や禁門の変などの尊皇攘夷の活動に、塾生が関わっていた事を理由に、幕府によって海軍操練所を閉鎖させられる事となります。

禁門の変

禁門の変は蛤御門の変とも呼ばれ、尊皇攘夷の積極派が、池田屋で新撰組によって長州の藩士が殺された事を知り、藩主の冤罪を訴えると称して、兵を集めて長州の屋敷に本拠地を作ります。その訴えは聞き入れて貰えず、一橋慶喜が兵を退くように呼びかけますが、元治元年7月19日に長州藩の兵が会津藩の兵と、蛤御門付近で戦闘となりました。

筑前藩の守っていた門を突破して、1度は天皇の住居である「御所」まで侵入しますが、薩摩藩の兵が援軍として駆けつけた事によって、敗れてしまいます。この戦闘により、指導者である来島又兵衛・久坂玄瑞たちが戦死してしまった事によって、長州藩の尊皇攘夷派は壊滅状態となります。 幕府は、長州藩が御所へ向けて発砲したことを理由に、朝廷の敵として第一次長州征伐が行われました。

由来

「禁門の変」が「蛤御門の変」とも呼ばれているのは、それまで閉じられていた門が、天明の大火によって初めて開いたことを、焼けると口を開く蛤に例えて、「蛤御門(はまぐりごもん)」と呼ばれるようになりました。 禁門の変の際には、蛤御門の付近で激戦が起こり、今も門には弾痕が残されている為に、蛤御門の変とも呼ばれるようになりました。


ページの先頭へ