最期の時

坂本龍馬は、京都の近江屋で暗殺されています。慶応3年11月15日(1867年12月10日)の夜に襲撃を受けています。旧暦での11月15日は、龍馬の誕生日でした。 襲撃の後に残された物や、事件についての証言があるにも関わらず、未だに犯人は分かっていません。

[スポンサードリンク]

近江屋事件

中岡慎太郎

坂本龍馬は、京都の醤油商である近江屋に、何かあった際には、脱出する事が出来る隠れ家を土倉に作りました。この日、風邪を引いていた龍馬は、夕方にやって来た中岡慎太郎と、近江屋の2階で話をしていました。部屋には、龍馬と中岡の他に、龍馬の護衛をしていた元・力士の山田藤吉の3人だけでした。 南大和の十津川郷に在住する、下級武士の集団「十津川郷土(とつがわごうし)」と、名乗る数名の男が訪ねて来たので、山田は部屋へ案内をしている際に後ろから斬られ、龍馬と中岡は、2階の部屋で襲撃を受けます。龍馬はほぼ即死に近く、中岡は致命傷を負っていて、事件の詳細を伝えた後に、襲撃から2日後に亡くなっています。

伊東甲子太郎の忠告

元・新撰組幹部の伊東甲子太郎(いとう かしたろう)は、近江屋事件の数日前に坂本龍馬を訪ねて、新撰組に狙われているので、土佐藩邸へ移ることを勧めています。 伊東は、慶応3年11月18日(1867年12月13日)に、新撰組局長・近藤勇の家に招かれた帰りに、油小路の本光寺の門前で新撰組隊士によって、お酒に酔っていたところを暗殺されています。

龍馬暗殺の謎

暗殺について、「護衛の山田藤吉は、なぜ客人を疑わずに通したのか」、「龍馬はピストルを持っていたのに、一発も発砲されていない」など、謎が多くあります。そして、事件の証言はそれぞれ異なっており、実行犯や黒幕は、はっきりとしてはいません。 暗殺された時の刀傷の数が、坂本龍馬よりも中岡慎太郎の方が多くあり、有名だった中岡の暗殺に、龍馬が巻き込まれたのではないかと言う説もあります。

実行犯

坂本龍馬暗殺の実行犯は、「京都見廻組」と「新撰組」のどちらかだと言われています。 京都見廻組説では、明治時代になってから元・隊士だった今井信郎、渡辺篤が、同じく隊士であった佐々木只三郎たちと実行したと言う証言があります。今井と渡辺の証言で、実行者の人数など異なる部分もある為、はっきりとはわかっていません。 新撰組説では、新撰組の隊士が通っていた料理屋の下駄・新撰組隊士の原田左之助刀の鞘(さや)が、襲撃後に残されていた為、犯人ではないかと言われていました。

黒幕

海援隊集合写真

坂本龍馬暗殺の黒幕は、「薩摩藩」と「紀州藩」のどちらかではないかと言われています。 薩摩藩説では、龍馬が大政奉還を行ったため、武力での倒幕を行うことが出来なかったため、京都見廻組に龍馬の暗殺を依頼したと言われています。 紀州藩説では、坂本龍馬が隊長を勤める、海援隊の船との事故「いろは丸事件」で、多額の賠償金を支払う事となるまでの交渉時に、大名として位の高い位置にある、紀州藩の名誉が傷つけられた事への報復で、暗殺を依頼したと言われています。

近江屋事件に関する品

京都の霊山(りょうぜん)歴史館には、見廻組・桂隼之助の子孫によって、寄贈された坂本龍馬を斬った刀だと伝えられている刀が、所蔵されています。 京都国立博物館には、画家・淡海槐堂(おうみ かいどう)が誕生祝いとして、龍馬が暗殺された当日に贈ったとされる、「梅椿図」という掛け軸が所蔵されています。この掛け軸には、血痕があり、襲撃を受けた際に付いた龍馬たちの血とされています。

[スポンサードリンク]